現在の薄毛状態に合わせた手軽で最適な増毛方法はこれだ!

現役ヘッドマッサージャー直伝!薄毛改善に効果的な3つの頭皮マッサージ法

薄毛対策を実施してみたけど、開始するのが遅く、育毛剤や生活習慣の改善をしたものの、自毛の復活自体が難しい方もいらっしゃると思います。 ハゲてしまったら坊主にすればOKという強者はなかなかおらず、多くの人は恥ずかしいから隠したいし、立場上割り切れないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方は、短期間で確実にできる「増毛」がオススメです。
そもそも増毛とは、自分の髪を増やすのではなく、髪の代わりになるものを使用して髪が増えた状態に見せるかつらやヘアコンタクトなどのことを言います。

でもいきなり増毛しましょうといわれても難しいですよね。そこで、このページでは、薄毛の状態に合わせた最適な増毛方法や業者の選び方についてご紹介します。

増毛方法には様々な種類がある

先述の通り「増毛」といっても、かつらやヘアコンタクトなど様々な方法があります。では、それらはどういう違いがあるのか?まずは代表的な3つの増毛方法をまずはご紹介します。

かつら/ウィッグタイプ

人工毛がついたものをかぶったり特殊な器具で取り付けたりする方法。着脱は可能だが、蒸れたり水に弱かったりという欠点もある(最近は改良されているものも有り)。月に1回ほどメンテナンスは必要で、髪の毛を整えたり地毛とのバランス調整を行ったりする必要がある。有名な会社はアートネイチャー・アデランスなどが多数あります。

粘着タイプ(ヘアコンタクト)

人工毛がついた粘着シールを頭皮に直接貼りつける方法。シャンプーやプールや海にはいってもOK。ただ、2週間〜3週間ほどで一度剥がして新しいものをつけ、地毛とのバランス調整を行う定期的なメンテナンスが必要になる。有名な会社はこの方法を考案したプロピア。

編み込みタイプ

人工毛を残っている自分の髪の毛にくくりつけて髪の毛を装着する方法。粘着タイプ同様水につよくシャンプーやプールや海にはいってもOK。メンテナンスは月に1回程度で、地毛と編み込んだ毛の調整をするためのカットが必要。 有名な会社はスヴェンソン、アートネイチャー、アデランスなどあります。

これら3つの違いは、頭への毛のつけ方が違うということですね。かつらは人工毛をかぶるもの、ヘアコンタクトは人工毛をシールでつけるもの、編み込み式は人工毛を地毛に編み込んでつけるものと考えればわかりやすいです。

では、これら3つの増毛法はどの様な薄毛の状態に最適なのか。実際に各企業に電話で問い合わせしてみた上で、現在の薄毛の状態にあった増毛方法はどれにあたるのか、そして、気になる日々のメンテナンスや価格はどれくらいかかるのか詳しく調べています。

M字薄毛が気になる方はヘアコンタクトで対策

生え際がM字状に薄毛になってしまうM字薄毛は、深刻な薄毛とはいえないものの、形的に一目で薄毛だと分かってしまうので気になる人は気になりますよね。薄毛の範囲は狭いですが、目につきやすいM字薄毛には、部分的に効率的にカバーできるヘアコンタクトがオススメです。

ヘアコンタクトは、人工毛を付けたシールを貼ることで増毛するため、M字部分に毛が無くなっていたとしても増毛することができます。 シールなんて貼ったらバレちゃうのでは?と思うかもしれませんが、シールの厚さは0.03mmなので、近づいてよく目を凝らしてみてもばれることはないでしょう。

また、強力なシールで貼り付けるので、不意に子供に引っ張られてもずれることは無いので、安心できるかなと思います。 さすがに広範囲の薄毛をシールでカバーすることはできませんが、M字のような狭い範囲だと十分に対応できるわけです。

オススメのヘアコンタクトはプロピア

そもそもヘアコンタクトという言葉はプロピアの登録商標であり、他社が算入できないほぼ独占状態といっていいでしょう。そこで具体的な内容や料金について、プロピアに実際に電話して確認してみました。

最初に型取りして、定期的なメンテナンスを繰り返す

最初に自分の薄毛の状態に合わせて最初に型を作ります。そしてその型にあわせたヘアコンタクト(毛のついたシール)をもらえるということですね。

ヘアコンタクトはメンテナンスで2〜3週間に一度張り替えが必要になります。慣れてくれば自分でシールを張り替える人もためにいるようですが、基本的にはサロンへいってスタイリストに貼ってもらうことを推奨しているようです。

メンテナンス期間を1ヶ月ほど粘る人もいる様ですが、やはりシールであるので、時間の経過とともに部分的に劣化してきて、触ると端っこの方が浮いてくるようになるらしいです。外から見ている分にはわからにくいということですが、張替えの目安としては2〜3週間であると考えたほうが良いでしょう。

コスパ:毎月のメンテナンスに3つの費用が必要だが月額20,000円以内に収まる

プロピアを使いつづける際にはコストの面に注意する必要があります。大きく分けてヘアコンタクト代とスタイリスト代とカット代という3つの費用があり、これはメンテナンスの都度必要になります。

まず ヘアコンタクト代は、薄毛の範囲が広ければ広いほど価格はあがります。範囲が狭ければ2週間で¥6000からできますし、かなり広いと¥22,000かかります。プロピアの平均単価はヘアコンタクト1枚あたり¥13,000〜¥14,000ですが、M字型薄毛であれば状態にもよるが、¥6,000〜¥12,000位でいけるのではとのことでした。

スタイリスト代はヘアコンタクトをつけてバランスを整えてもらう際にかかる費用です。こちらも薄毛の範囲による様ですが、1回あたり2000円〜4000円ということでした。こちらも範囲の狭いM字薄毛であれば、2000円ほどではということです。

カット代は、ヘアコンタクトを付けた際に、地毛部分が伸びて変なバランスになった時に、切る際にかかる費用です。毎回必要ではありませんがこれは一回につき2000円ということでした。 これら費用を踏まえて毎月2回のメンテナンスを前提に1ヶ月に換算すると、M字薄毛で範囲が狭い場合の価格は以下になります。

ヘアコンタクト代 ¥6,000×2回=¥12,000
スタイリスト代 ¥2,000×2回=¥ 4,000
カット代  ¥2,000×1回=¥ 2,000

カットを月1回に抑えると、1万8000円で済むということですね。20,000円以内に収まるということは、少し高い育毛剤を毎月使うよりも確実に薄毛対策ができるので、結果的にコストと成果のバランスがとれた対策方法であるといえます。ヘアコンタクト代を割引するキャンペーンも不定期である様ですので、気になる方はこちらのサイトをチェックしてみてください。

頭頂部や生え際などの増毛は編み込み式が自然なスタイルになりオススメ

編み込み式増毛法は、残っている自分の毛に人工毛をくくりつける増毛方法です。前提条件からして、全くハゲてはおらず、頭頂部や生え際などの箇所においてうっすら部分的に薄毛になっている状態には、ナチュラルに見えることからオススメです。

もちろん自分の毛がある程度残っていることが前提にはなるので、現状は編み込めても今後の薄毛の進行度合いも考えると、勧められない可能性もあるので、できるかできないかはその会社さんに問い合わせが必要となります。

編み込み式のオススメはアートネイチャー

地毛で人工毛をくくりつけるだけって引っ張られたりしたら大丈夫?と思うかもしれませんが、かなり頑丈に編み込まれるため、その心配はほとんどいらないそうです。。 逆にヘアコンタクトよりも丈夫で長持ちという特徴があり、メンテナンス期間も1ヶ月に1回ほどと、ヘアコンタクトの2~3週間よりもほぼ倍近い期間メンテナンスをしなくても大丈夫です。

中でもアートネイチャーの編み込み式はMARP(マープ)という独自技術になります。機会ではなく人間の手で一つずつ地毛に人工毛をくくりつけていくことで自然な増毛を実現しているんですね。 論より証拠こちらのyoutubeをご覧ください。

同じ編み込み式の増毛法をスヴェンソンという会社も提供していますが、スヴェンソンの場合は土台となるネットに人工毛をくくりつけ、ネットと地毛をくくりつける方法になるので、やはり仕上がりが地毛に直接編み込む方法より不自然になりがちです。私の場合、やはりアートネイチャーのほうが断然仕上がりが良くなると思います。

コスパ:価格は公開されていないが70%ほどのユーザーは月額換算すると1万円代でおさまる

人の手で編み込むからさぞかし費用は高くなるんだろうな…と思ってアートネイチャーの増毛法であるマープの価格を調べてみると記載がなかったので、直接電話で確認してみることにしました。

が、価格については一人一人の薄毛の状態に合わせて見積もりを出しているということから、電話越しでの価格の確認はできませんでした。 ただ、目安としてという話をすると、だいたいMARP(マープ)を実施している人の70%ほどは月額換算すると1万円代ということでした。

ちなみに、先ほどのネット式のサービスであるスヴェンソンの価格は下記になります。

初期費用 10万円
年間費用 25万円(増毛製品代)
月額費用
※メンテナンス費 
1.2万円(カットシャンプーなど)

これらを計算するとスヴェンソンの1年目の費用は49.4万円であり、月額費用は4.1万円になります。コストの面からもアートネイチャーのMARP(マープ)の方が安くで増毛ができるということですね。

ただし、 電話で問合せたときはも「とにかく薄毛の状態を見ないと見積もりは出せない」と口すっぱく何度も言われたので、編み込み式増毛法が気になる方はこちらから、一度無料診断をしてみてもいいかもしれません。

薄毛が進行した広範囲の薄毛にはかつらがオススメ

費用的にあるいは時間的に長期間薄毛対策をすることを怠ってしまい、生え際から頭頂部に至るまで全体的に薄毛になってしまっている方。そういう方は、かつらがオススメです。

でもかつらは、昔のイメージがあってウン十万円するような高額なイメージがありますよね。しかし、現在では技術の進歩もあり、明瞭会計の業者を選べば、1年に1度、十数万円払うだけでメンテナンス費用はかかりません。結果的に毎月に換算すると、実はかつらはそこまで高くない場合もあります。 実際私が聞いたアデランスのかつら月額換算費用とプロピアのヘアコンタクト月額費用を比較するとこのような感じです。

  薄毛範囲 狭 薄毛範囲 広
かつら (アデランス) ¥15,220- ¥20,293-
ヘアコンタクト (プロピア)   ¥18,000- ¥50,000-

プロピアで広い範囲の増毛をしようと思うと、かなり高額になりますね。。
一方、アデランスは、狭い場合の費用は割高ですが、薄毛の範囲が広くなったとしてもプロピアのように価格がどんと上がる訳ではなく、むしろプロピアの半分以下の費用に収めることが出来ます。。そういう意味でも広い範囲の薄毛にはかつらがオススメということですね。

信頼性と明朗会計の面でアデランスがおすすめ

先ほどの話ではないですが、正直かつらって費用がかなりかかるというイメージを持っている人も多いと思います。実際かつら業者のサイトを見てみると価格を載せていない業者も多いですし… 。どこか悪いイメージがつきまといます。

そういう意味で、初めてかつらの業者選びをする際は、まず第一に明瞭会計ということと、信頼性がある会社でかつらを作ることをオススメします。 この基準でかつら業者をしらべてみた結果、いいと思ったのがアデランスです。 業界最大手で上場もしていますし、なによりサイトに金額が全部載っていて年会費制なので、お金が常に一定。使えば使うほど費用がかさむことはありません。
この二点からアデランスは安心してかつらを購入できるのではと思います。

人工皮膚を使った蒸れない、防水などの対策が行われている

かつらは水に弱かったり、急な衝撃によわかったりと欠点が色々ある印象がありますよね。特に水に濡れるとずれる可能性があったり、明らかに地毛ではないような光沢が出たりと、正直、雨の日は非常に心配なイメージがあります。

ただ、アデランスのかつらは大丈夫のようです。皮膚との密着部分にアデランス独自の人工皮膚を使用しているため、ずれにくく通気性も確保できているので長時間使えるという特徴があります。

また、水に濡れた時のかつら感に関しては、温度を感知して形状を変える人工毛を使用しているため、髪の毛が濡れた時でも分かりにくいという特徴もあるようです。 日常においても、生え際の部分が自然になるように毛の根元を肌色にしたり、細かいネットを重ねて人工毛を編み込んでいるため毛が立っているようになっていたりと、とにかく地毛に近づけるよう日夜研究を重ねているようです。

コスパ:年会費制で月額20,000円くらいが目安価格

先述の通りアデランスは年会費制なので、余分な費用はかかりません。薄毛の広さによって多少費用は変わりますが、かなり広い範囲をカバーするかつらだったとしても月額換算すると20,293円です。 アデランスの料金表はこちら

ちなみに、競合サービスとなるアートネイチャーのサイトにはかつらの価格は掲載されておらず、初期費用やメンテナンス費用がどれくらいかかるのかがわからない状態です。そういう意味でも明瞭会計のアデランスは、使いやすいサービスだと思います。 アデランスでかつらをお探しの方はこちらの公式サイトから、一度さがしてみてはいかがでしょうか?