ヘアケアで髪の毛の寿命を伸ばす3つの方法

現役ヘッドマッサージャー直伝!薄毛改善に効果的な3つの頭皮マッサージ法

ヘアケアという言葉を聞いて、男の自分にはこだわる必要がないと考えている人が多いかもしれません。

が、薄毛対策にとってもヘアケアは重要です。 ヘアケアを怠ると、髪にある水分と油分が少なくなり本来1本のまっすぐな筒の様な髪の毛は、乾燥して毛羽だった損傷毛になります。傷ついた毛は、髪に穴が空いている状態なので、単純に考えて髪の寿命が短くなって抜け毛が増えたりするんですね。

髪の寿命を延ばす意味でもヘアケアは決して侮れないということです。 このページでその方法についていくつかまとめてみましたので、ご覧ください。

育毛シャンプーと合わせてトリートメントも活用

育毛シャンプーは使っているけど費用の関係でトリートメントは市販のものを使っているという男性は多いと思います。まずは汚れをしっかり落とすという考え方からシャンプーを重視するとことはわかります。

しかし、シャンプーは育毛成分が入ったもの使っていても、その上から香りだけがきついトリートメントを使っていては、せっかくの育毛シャンプーの効果が半減してしまいます。できればトリートメントもヘアケア成分が配合されたものを使用する様にしましょう。

そもそもですが、トリートメントとリンスの違いも知らないという方も多いですね。まずは、その違いについてまとめてみます。

シャンプー
毛と頭皮の汚れ(皮脂も含む)を取り除く
リンス
毛の表面に付着し、油分によって毛をしなやかで滑らかにし光沢を与える
トリートメント
髪の内部まで浸透し、髪の毛に水分と油分を与えて傷んだ髪の毛を修復する

リンスとトリートメントの大きな違いは、トリートメントは髪の内部まで浸透し傷んだ髪の毛を修復しますが、リンスは髪の表面を覆うだけで修復する力はないという事です。 リンスでは、すでになってしまった損傷毛を治すことはできません。

ですので、育毛シャンプーをすでに使っている方は、まずはリンスでなく、トリートメントを使ってヘアケアをする様にしましょう。

損傷毛を防ぐためにトリートメントに配合されているべき成分

では、どういう成分が入っていると、より損傷毛対策ができるのか?配合されているべき成分についてまとめてみます。

タンパク質・アミノ酸系成分
ケラチン
ヒアルロン酸
ポリペプチド

髪の毛自体を作っているタンパク質とアミノ酸は、水分を髪の毛に与えることができ、髪の毛の内側から髪の修復をする作用があります。これらの成分が配合されていることで乾燥し毛羽立った髪の毛を、元のきれいな髪の毛にしてくれます。

オイル系成分
椿油
オリーブ油
パーム油
ホホバ油

植物性の油分は、髪の毛を外側からコーティングする作用があります。さきほどのタンパク質・アミノ酸系成分だけでは、損傷毛に塗布したところで流れ出てしまいます。オイル系成分で外側から同時にコーティングすることで、塗布した成分の流出を防いでくれるということですね。

これらの成分が両方配合されていると、タンパク質とアミノ酸系成分で髪の毛を中から修復し、オイル系の成分で外側からコーティングすることができるということです。 髪の内外からヘアケアすることのできるトリートメントを使い、髪の寿命を延ばすヘアケアを行うことで、薄毛対策をしてみましょう。

風呂の後はドライヤーで手短に髪の毛を乾かす

特に髪の毛が短めの男性は、高校生以来ドライヤーなんてやってない!という方が多いのではないでしょうか? さっとタオルでひと拭きすれば後は自然乾燥で大丈夫!と考えている人も多いと思いますが、実はこれも薄毛の原因になってしまいます。

私はそもそも髪の毛が短いので、さっとタオルでひと拭きすれば後は自然乾燥で大丈夫!という派だったのですが、友人に「そんな事していたら、薄毛になるよ」と忠告を受けました。

調べてみると、その通り… 髪の毛が濡れている間は、キューティクルという髪の保護膜が機能していない状態になっているそうです。髪が保護されていない状態になると、髪の水分量は減り、栄養が流れてしまうので、損傷毛になる原因になり、結果薄毛につながると…

お風呂から上がったら速やかに、ドライヤーで髪の毛を乾かし、キューティクルが機能する様な状態に戻す事が薄毛対策につながるということですね。

ドライヤーを至近距離1点集中で乾かすのも逆効果

久しくドライヤーをしてみるとわかると思いますが、ドライヤー中って本当に暇なんですね。音がうるさくてTVも見られないですし、両手を使っているのでスマホを触る事ができません。ですので、ここは早く乾かそうと思うと、一点にドライヤーを近づけて乾かしてしまいがちですが、これはNGです。

髪の毛は濡れた状態を放置するのも良くないですが、実は熱にも弱いという特徴もあります。

ドライヤーを至近距離で集中放火すると、局部的に温度が上がり、髪の毛の水分が抜けすぎてパサパサに乾燥してしまいます。この状態はもちろんヘアケア的にはよくないので、ドライヤーをする際私は、下記2点に気をつけてドライヤーをしています。

ドライヤーを当てる距離は15cm以上

局部的に温度が高くなってしまうので、物理的に距離を開けるようにしましょう。数値的には15cm以上は離し満遍なくドライヤーを当てる様にする必要があります。

ただ、15cmって言われてもどれくらいかわからないですよね。私の15cmの測り方は、手を開いたパーの状態の手が、頭皮とドライヤーの間にはいるかどうかで計測するようにしています。一週間もすればパーをしなくても感覚がつかめてくるので、最初はこのように計測しながらドライヤーで髪の毛を乾かすようにしましょう。

ドライヤーを当てる時間は5分目安 (髪の長さによっては10分以内)

ドライヤーとの距離をとっていてもドライヤーを当てる時間が長ければ意味がありません。髪の長さにもよりますが、5分を目処にさっと乾かし、ドライヤーを終わらせる様にしましょう。

頭皮を片手でマッサージしながらドライヤーを当てると、頭皮の乾き具合が確認できます。指の腹で頭皮を触って乾いている感じがすれば、もう髪の毛は乾いていると思うので、切り上げる様にしましょう。

サウナに入って頭皮のデトックスを行う

サウナは、一見熱が高いので薄毛対策には不向きと思いますが実は効果的だと知っていましたか?

サウナはだいたい85度〜95度に設定されていますよね。そこに10分ほど入る事で、体全体から汗が噴き出す様にでてきます。もちろん頭皮からも大量の汗が吹き出てきますが、頭皮から汗をたくさんかく事で、血流が上がり、閉じていた毛細血管が広がって毛根に栄養がたくさんいくので、薄毛対策につながるということですね。

また、サウナあがりに水風呂に入る事で、さらに代謝を上げるとともに、毛穴を引き締め無駄な頭皮の乾燥を防ぐ事もできます。 ただ、入りすぎ体調的にはよくありません。7分〜15分を1セットとし、サウナの後は足からゆっくり水風呂に入って体を冷やす様にしましょう。人によって代謝の良さやサウナへの耐性も違うので、無理無く2〜3セット続けられるくらいの時間を目安にしてみるといいでしょう。

熱い温度に長時間入る事で毛根が傷つく事はないのか?と考えるかもしれませんが、ドライヤーなど局部的に温度を上げてしまうと、確かに毛根が傷ついてしまう場合がありますが、サウナほどの温度で10分ほどですとその心配はありません。

過剰なロウリュサービスは要注意

ただ、一点気をつけないといけないのがロウリュウです。サウナに水をかけて蒸気を発生させ仰ぐ事で熱風をあて一気に代謝を上げるのが通常のロウリュですが、これは瞬間的な温度なので問題はありません。

ただ、たまにロウリュ祭りの様な感じで一時的に熱風を浴び続けるというサービスもあります。これは、頭皮が熱風にさらされ続けるので、頭皮的にはよくないでしょう。また、熱風を耐え続ける事で体的にも無理が出てくると思うので、気をつける様にしましょう。